ミャンマーのはなし

東南アジアのユニーク国家、ミャンマーに関する情報を発信していきます。

ミャンマーのはなし

【再掲】ミャンマーのKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)は通いたくなる美味しさ!!

スポンサーリンク

 ミャンマーへ行ったら、ぜひ訪れて欲しい観光スポット、というか飲食店があります。それが……

www.nikkei.com

ケンタッキー。もうメチャクチャに美味しい。2015年、ヤンゴンに第一店舗を開店させたところ、連日の大盛況。それに手ごたえを感じたか、現在、外資としては異例のペースで出店攻勢を進めています。

www.nikkei.com

昨年の段階で既に12店舗。今後もますます増えていきそうです。かくいう私もミャンマーKFCが大好き。今回は、そんなKFCの魅力をいくつか紹介します。

 

KFCの魅力 ①劇的に安い

下の画像は、私が昨年ミャンマー渡航した際に撮影したものです。

f:id:m15obayasi:20181101161400p:plain

激烈低スペック国産スマホなので画質は荒いですが、赤いパネルを見てください。4ピース、ドリンク付きで5900チャットと書いてあります。これ、現在のレートでなんと413円。いや安すぎ!!!ちなみに日本で食べますと……

f:id:m15obayasi:20181101161716p:plain

1290円。3倍。ケンタッキーって美味しいですから、結構お値段も張るんですよね。それがミャンマーでは400円で2人分。お腹いっぱいです。で、ちゃんと美味しい。凄い。

 

KFCの魅力 ②日本で食べられないメニューを注文できる

 先ほどの写真にも写っているのですが、ちょっと拡大して再表示してみます。

f:id:m15obayasi:20181101162157p:plain

見えますか。カレーとかもあるんですよ。チキンカツカレーみたいな感覚でしょうか。これが……まあ美味しい!そして価格が1000チャット。つまり70円。カレーが70円ですよ。文化祭かな?いやいや、旅行者には本当に助かります……。もう嘘だろって感じ。他にも……

これも私が撮影したのですが、こういう「マッシュポテトにオニオンスープかけました」みたいな謎サイドメニューもついてきます。これも美味しい。帰国後に家で作りました。クックパッドにどなたかがレシピを載せていますね。インターネット凄い。

recipe.rakuten.co.jp

 

KFCの魅力 ③圧倒的な信頼感

 「屋台で揚げ物食べたらお腹下しちゃいました……」みたいなことは、海外旅行でよくある話、いわゆる「あるある」だと思います。ミャンマーでも当然というか、油っこい料理が多い分、むしろ他国よりお腹を下しやすいように思うのですが、その点、ケンタッキーは安心です。油は当然使っていますが、とにかく店内が清潔。フロアを虫が飛びまわったりしていません。そしてメニューが英語ミャンマー語を読めなくても安心です。そして飲み物が冷たい。電源設備がしっかりしています。

 

結論

 以上、長々と語りましたが、結論としては、「何を食べようか迷ったらとりあえずKFCに行ってください」という、この一点です。私は帰国後に体重が3キロ増えました。