ミャンマーのはなし

東南アジアのユニーク国家、ミャンマーに関する情報を発信していきます。

ミャンマーのはなし

ミャンマーの人が街中で噛んでる赤いやつって何ですか?

ミャンマーへ行くと、道端に謎の赤い物体が落ちていたりしますよね。

私は最初、何かの果物が潰れているのかと思っていたのですが、どうも違うようです。

 

果物ではなく噛みたばこ。ミャンマーでは「キンマ」「クンヤ」とか、「コー」とか呼ばれている嗜好品でした。調べてみたのですが、どうも最近は、若者の間でこの噛みたばこが敬遠され始めているようです。

健康被害指摘で若者は敬遠、伝統のかみたばこ「クンヤ」 - SankeiBiz(サンケイビズ)

 

その理由としては、

  • 常用すると歯が赤くなる
  • 口腔がんのリスクがデカい
  • 道路に唾を吐く汚いイメージ

という感じで、都市部を中心に、徐々に利用者が減っているとのこと。現在は、主に中高年の方が中心的な利用者となっているみたいです。外国人観光客も増えつつありますから、今後は景観への影響を理由に、道路への吐き捨ても禁止になってくるかもしれませんね。