ミャンマーのはなし

東南アジアのユニーク国家、ミャンマーに関する情報を発信していきます。

ミャンマーのはなし

ミャンマーの上場企業「5」社の事業内容をご紹介!!

スポンサーリンク

ミャンマーの上場企業についてまとめました。

 

ミャンマー唯一の証券取引所ヤンゴン証券取引所は、ミャンマー経済銀行(国営)と、日本の大和総研などの出資で2015年12月に開設されました。

 

上場企業は銀行など5社に留まっており、過去1年間の取引額は1日平均4600万チャット(約320万円)と、かなり小規模です。

 

一方で、近年は外国人の株取引解禁も前向きに検討され始めるなど、徐々に変化の波が。

日本人である我々にも購入のチャンスが出てきそうなので、ここで上場企業5社を確認してみましょう。

 

 

 

1.【FMI】First Myanmar Investment

f:id:m15obayasi:20190917214113p:plain
 ヤンゴン証券取引所への上場第一号企業です。国内の各種主要セクター手掛ける複合型コングロマリットで、SPA(サージパン&アソシエイツ)の基幹企業です。

 シンガポールのYOMAは姉妹企業。ミャンマー国内ではヨマ銀行(市場シェア5位)を運営しています。
 近年はヘルスケア事業にも力を入れており、パンライン・シロアム病院の運営等を行っています。

 軍政時代、軍部から距離をおいた経営を取っていたという事で、クリーンな企業として有名です。

 

2.【TSH】Thilawa SEZ Holdings

f:id:m15obayasi:20190917214201p:plain

 ティラワ経済特区における不動産開発を行っています。逆に言えばティラワ関連の事業しか行っていないのですが、多数の海外企業を誘致し、今のところ順調に運営も行われていることから、企業としての安定性も高いかと思われます。


3.【MCB】Myanmar Citizens Bank

f:id:m15obayasi:20190917213245p:plain

 国内でMyanmar Citizens銀行を運営しています。シェア率という面ではもっと大きな銀行がいくつかあるわけですが、経済成長という追い風に加えて、ミャンマー他国に比べても銀行の使用率が低い(信用度が低い)という特徴を持っており、業界全体の上昇基調に乗っかる形で好調な経営を続けていきそうです。

 

4.【FPB】First Private Bank

f:id:m15obayasi:20190917213845p:plain

 こちらも国内で銀行業を行う企業で、シェア率はあまり高くありません。ただ、先の企業と同様、ミャンマーの銀行業自体が上昇基調ですから、先行きは決して悪くないのではないでしょうか。



5.【TMH】TMH Telecom Public Co., Ltd.

ãTMH Telecom Public Co., Ltd.ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
 国内で事業を行う通信関連会社です。国内最大手の通信会社MPTプリペイドカード販売や、光ファイバーケーブルの管理事業、ヤンゴン・マンダレー間、マグェー間の高速道路の修理など、手広く行っているようです。