ミャンマーのはなし

東南アジアのユニーク国家、ミャンマーに関する情報を発信していきます。

ミャンマーのはなし

タイに親不孝の映画はない!?東南アジアのポピュラーカルチャー。

スポンサーリンク

 「東南アジアのポピュラーカルチャー」という本の中で、東南アジア各国の「映画、ドラマ文化」についてまとめられていました。

東南アジアのポピュラーカルチャー 〜アイデンティティ・国家・グローバル化

東南アジアのポピュラーカルチャー 〜アイデンティティ・国家・グローバル化

  • 作者: 福岡まどか,福岡正太,井上さゆり,ウィンダ・スチ・プラティウィ,金悠進,小池誠,坂川直也,鈴木勉,竹下愛,竹村嘉晃,津村文彦,馬場雄司,平田晶子,平松秀樹,丸橋基,盛田茂,山本博
  • 出版社/メーカー: スタイルノー
  • 発売日: 2018/03/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 一口に東南アジアとは言っても、宗教や民族構成、経済状況などが国によってガラリと変わってくるため、同一の文化圏とはとても呼べません。それだけに読み応えがありました。分厚い書籍ですが、写真や注釈なんかもたくさんあり、スラスラと読み進められます。

 

 

タイは「親孝行」

 仏教社会のタイ。「徳を積む」なんていう言葉もありますが、「報恩」とくに「親孝行」という徳目が、同国では最高善の一つではないか、と説明されています。

 こうした考え方から、親孝行の規範に逆行するような意見は、雑誌、新聞でも殆ど見かけることはないですし、映像媒体でも、親をないがしろにしたり、「俺は親の言う通りには生きない!」みたいな台詞が登場する、ある意味日本ではありふれているような描写は、今のところ顕著にみられることはないようです。

 

シンガポール

 シンガポールにおいては、1985年、第二次オイルショックによる世界同時不況と半導体不況が重なり、独立後初のマイナス成長に陥るまで、テレビは国民統合の媒体と位置付けられていました。

 ただ、映画産業において、自国の作品を育てるような保護主義は採用されず、支援政策も皆無でしたから、現在までに結構苦労したようです。

 シンガポールと言えば「明るいシンガポール」とも言われるように、政府による厳しい規制が存在しています。現在は、モラル護持政策を基に厳しい法規制が課されながらも、同国が生み出したコンテンツを世界から評価されたいとの願望も持っているだけに、映画界と政府との間の、現実主義的相互依存関係は深化すると考えられています。

 

ベトナム

 現代ベトナム映画を支えているのは、戦時中から続く元国営の映画スタジオで撮影された、ナショナリズム映画の古い世代ではなく、新興の民間映画会社で主に娯楽映画を創っている新しい世代

 ドイモイ政策の導入以後、西側諸国の外国語映画が急激に流入した結果、過酷な市場競争に追い込まれたことが発端となったようです。そのまま廃れていかずに、若い世代がちゃんと育ったのが素晴らしいですね。

 

インドネシア

 宗教が国家の根幹にかかわるインドネシアにおいて、異宗教婚、とくにムスリムとそれ以外の信者との結婚は、微妙な問題を含み、映画として描くことは、現在でも困難です。描かれているのは、愛する男女が結婚できないことを、最終的に納得するまでのプロセス。その壁をなんとか乗り越えようとする脚本はとても書けません、とのこと。